メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  腸内微生物叢に最も影響するのは薬剤

腸内微生物叢に最も影響するのは薬剤

日本人4,000人超のデータベースからの報告

2022年12月06日 17:10

667名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 永田尚義氏提供

 腸内微生物叢(マイクロバイオーム)研究はメタゲノム解析が導入されて以降、飛躍的に進歩し、疾患の存在や重症度、治療効果などとの関係が各領域で盛んに検討されている(関連記事「腸内細菌叢でパーキンソン病の早期進行を予測」ほか)。東京医科大学消化器内視鏡学分野准教授の永田尚義氏らは、日本人4,000人超の臨床情報と腸内微生物叢分析結果を収集した大規模データベースを構築、新知見を次々に発表している(既報「薬剤や生活習慣は腸内細菌叢にどう影響?」、下記参考文献参照)。第30回日本消化器関連学会週間(JDDW 2022、10月27〜30日)の発表では、腸内微生物叢に及ぼす影響は薬剤が最も強く、疾患と腸内細菌の関連を見る上では使用薬の検討が欠かせないと語った。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  腸内微生物叢に最も影響するのは薬剤