メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  臨床医学 »  医療現場で要注意な一般用語、逆の解釈も

医療現場で要注意な一般用語、逆の解釈も

米・横断研究

2022年12月12日 05:00

597名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 医療者は、患者との意思疎通において難解な医学用語の使用は避けるべきと分かっていても、しばしばこの禁を犯してしまう。英語の場合、日常的に用いられる一般用語が、医療現場では逆のニュアンスや異なる意味で使用されることも多い(negativeやpositive、occultなど)。米・University of Minnesota Medical School のRachael Gotlieb氏らは、そうした語句に焦点を当て、一般人を対象に理解度を問う横断研究を実施。結果をJAMA Netw Open2022; 5: e2242972)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  臨床医学 »  医療現場で要注意な一般用語、逆の解釈も