メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  mRNAがんワクチン+ペムブロでRFS延長

Oncology Tribune

mRNAがんワクチン+ペムブロでRFS延長

悪性黒色腫が対象の第Ⅱb相試験KEYNOTE-942/mRNA-4157-P201

2022年12月15日 05:00

518名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療に変革をもたらしたが、がん治療でも有望な結果が期待される。米・モデルナおよびメルクは、悪性黒色腫に対するmRNAがんワクチンmRNA-4157/V940+抗PD-1抗体ペムブロリズマブ併用術後補助療法の有効性と安全性を検討する、非盲検の第Ⅱb相ランダム化比較試験KEYNOTE-942/mRNA-4157-P201の結果を報告。ペムブロリズマブ単独群と比較して無再発生存(RFS)を有意に延長、再発/死亡リスクが44%減少したことを明らかにした。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  mRNAがんワクチン+ペムブロでRFS延長