メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  膿疱性乾癬の初期症状に初の薬剤が登場

膿疱性乾癬の初期症状に初の薬剤が登場

抗体製剤スペソリマブ

2022年12月15日 16:34

605名の医師が参考になったと回答 

 帝京大学皮膚科学講座主任教授の多田弥生氏は、日本ベーリンガーインゲルハイムが12月8日に開催したメディアセミナーに登壇。急性期の膿疱性乾癬(GPP)に対する効能・効果が認められた初の治療薬として同社が11月16日に発売した抗インターロイキン(IL)-36Rモノクローナル抗体スペソリマブ(商品名スペビゴ)について、「投与1週目には膿疱が消失し、膿疱に伴う痛みのスコアも速やかに改善されている」と臨床的有用性を強調した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  膿疱性乾癬の初期症状に初の薬剤が登場