メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  女性疾患・周産期 »  9価HPVワクチンに関する考えを発表

9価HPVワクチンに関する考えを発表

日本産科婦人科学会

2022年12月15日 16:27

635名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの定期接種の機会を逃した女性に対するキャッチアップ接種が今年(2022年)4月に開始された。現在公費で接種可能なのが2価HPVワクチン(サーバリックス)と4価HPVワクチン(ガーダシル)であるが、9価HPVワクチン(シルガード9)についても定期接種開始に向けて準備が進められている。こうした中、日本産科婦人科学会は12月13日に、9価HPVワクチンに関する考え方を公式サイトで発表した(関連記事「HPVワクチン、『親友効果』が接種を促進」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  女性疾患・周産期 »  9価HPVワクチンに関する考えを発表