メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  免疫調節薬の心血管保護、リウマチ患者でも

免疫調節薬の心血管保護、リウマチ患者でも

血管炎症の指標が低下

2022年12月16日 11:18

656名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 最近の大規模ランダム化比較試験(RCT)で、免疫調節薬が一般集団の心血管(CV)イベントを低減させることが示されている。米・Brigham and Women's HospitalのDaniel H. Solomon氏らは、関節リウマチ(RA)患者においてもこうした効果が得られるかを、メトトレキサート(MTX)治療に強力な抗炎症作用を有するTNFα阻害薬を追加する群と、免疫調節薬のサラゾスルファピリジンおよびヒドロキシクロロキンを追加する群(3剤療法群)で比較するRCTにより検討。TNFα阻害薬だけでなく3剤療法群でも造影PET/CT検査において血管炎症の指標が有意に改善したことをAnn Rheum Dis(2022年11月30日オンライン版)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  免疫調節薬の心血管保護、リウマチ患者でも