メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  覚醒下腹臥位でコロナによる気管挿管を回避

覚醒下腹臥位でコロナによる気管挿管を回避

RCT 17件・約3,000例のメタ解析

2022年12月16日 11:02

659名の医師が参考になったと回答 

 カナダ・University of AlbertaのJason Weatherald氏らは、ランダム化比較試験(RCT)のシステマチックレビューとメタ解析により、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による低酸素性呼吸不全を呈しているが気管内挿管未実施の患者における、覚醒下での腹臥位(うつぶせ)管理の有効性と安全性を通常ケアと比較検討。覚醒下腹臥位がCOVID-19患者における気管内挿管リスクを低減することをBMJ2022; 379: e071966)で報告した(関連記事「コロナ重症例、"腹臥位"で予後改善」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  覚醒下腹臥位でコロナによる気管挿管を回避