メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ経口薬の「リバウンド」発生はまれ

コロナ経口薬の「リバウンド」発生はまれ

モルヌピラビル、ニルマトレルビル/リトナビルとも1%以下

2022年12月19日 13:15

532名の医師が参考になったと回答 

 経口抗ウイルス薬ニルマトレルビル/リトナビル(商品名パキロビッド)を投与された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の一部において、PCR検査でウイルス陰性となった後に再び陽性となる"リバウンド現象"が見られることが報告されている。中国・Chinese University of Hong KongのGrace L-H.Wong氏らは、香港の成人COVID-19患者1万2,000例超を対象にニルマトレルビル/リトナビルおよびモルヌピラビル(商品名ラゲブリオ)の投与例におけるリバウンド(再陽性)の発生率について検討。その結果、投与例と非投与例のいずれでもリバウンド発生率は1%以下と極めて低く、リバウンドによる死亡リスクの上昇は認められなかったと JAMA Netw Open2022; 5: e2245086)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ経口薬の「リバウンド」発生はまれ