メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  コリンエステラーゼ阻害薬でレビー患者の死亡率低下

コリンエステラーゼ阻害薬でレビー患者の死亡率低下

英国で大規模な後ろ向きコホート研究

2022年12月19日 18:06

611名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 ドネペジルなどのコリンエステラーゼ阻害薬(AChEI)の使用が、レビー小体型認知症 (DLB)患者における死亡率の低下や併存疾患による緊急入院の期間短縮に関連する可能性が、大規模な後ろ向きコホート研究から示された。英・University of CambridgeのShanquan Chen氏らがPLoS Med( 2022; 19: e1004124)に発表した。今回の結果について、同氏らは「AChEIの使用はDLBの死亡率を上昇させる」という従来の懸念を払拭するもので、DLBの治療選択肢としてAChEIが妥当であることを裏付ける知見だとしている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  コリンエステラーゼ阻害薬でレビー患者の死亡率低下