メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  スタチンがNAFLD予防に有用な可能性

スタチンがNAFLD予防に有用な可能性

肝保護に部分的に寄与も

2022年12月19日 18:00

514名の医師が参考になったと回答 

 スタチンが非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の予防に有用な可能性が示された。オランダ・Erasmus University Medical Center RotterdamのIbrahim Ayada氏らが、同国のRotterdam Study住民コホートと中国のNAFLD患者集団PERSONSコホートの解析を含む多面的な研究を行い、NAFLD患者におけるスタチンの有益性と作用機序を包括的に検討した結果を E BioMedicine2023; 87: 104392)に発表。「スタチンの適応になるにもかかわらず、NAFLD患者の40~50%は同薬で治療されていない。NAFLDの疾患管理で考慮すべき」としている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  スタチンがNAFLD予防に有用な可能性