メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  若年性特発性関節炎、4歳未満で診断遅延

若年性特発性関節炎、4歳未満で診断遅延

ためらわず小児整形外科に紹介を

2022年12月19日 18:05

589名の医師が参考になったと回答 

 若年性特発性関節炎(JIA)は16歳未満の小児に発症し、少なくとも6週間以上持続する原因不明の関節炎。滋賀県立小児保健医療センター整形外科医長の下園芙紗子氏は、第33回日本小児整形外科学会(12月9~10日)で、同センターのカルテを用いた4歳未満発症JIA患児の臨床的特徴に関する調査結果について発表。「4歳未満児では、診断に2カ月あまりを要した。跛行や膝の腫脹があれば、JIAを考慮し早めに小児整形外科に紹介してほしい」と訴えた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  若年性特発性関節炎、4歳未満で診断遅延