メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  早期発症側弯症患児の3割が高医療被曝

早期発症側弯症患児の3割が高医療被曝

治療での被曝量低減に努力を

2022年12月20日 05:00

493名の医師が参考になったと回答 

 医療被曝による発がんリスクが懸念されている。自治医科大学整形外科学講座講師の菅原亮氏は、治療による累積被曝量を把握する目的で早期発症側弯症患児を対象に実施した後ろ向き症例集積研究の結果を、第33回日本小児整形外科学会(12月9~10日)で報告。「早期発症側弯症患児の約28%が、白血病の発症リスクが3倍になるとされる30mSv以上の累積被曝量であった。早期発症側弯症の治療においては、被曝量の低減を目指すべきだ」との考えを示した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  早期発症側弯症患児の3割が高医療被曝