メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  生活習慣是正で潰瘍性大腸炎の6割が予防可能

生活習慣是正で潰瘍性大腸炎の6割が予防可能

2022年12月21日 17:04

734名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 生活習慣の是正により、炎症性腸疾患の発症を最大で約60%予防できる可能性が、米・Massachusetts General HospitalのEmily W. Lopes氏らによる観察研究で示された。定期的な運動、野菜や魚が多く、赤肉が少ない食事などの健康的な生活習慣で、追跡期間中に確認されたクローン病症例の61.1%、潰瘍性大腸炎症例の42.2%が予防可能であったとの解析結果をGut(2022年12月6日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  生活習慣是正で潰瘍性大腸炎の6割が予防可能