メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  トファシチニブでがんリスクが高まる要因

トファシチニブでがんリスクが高まる要因

心血管リスクと連動

2022年12月21日 17:00

633名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 ORAL Surveillance試験では、関節リウマチ(RA)治療において、ヤヌスキナーゼ阻害薬トファシチニブは腫瘍壊死因子(TNF)α阻害薬と比べ、悪性腫瘍のリスクが高いことが示されている。米・University of Alabama at BirminghamのJeffrey R. Curtis氏らは、同試験の一環として、RA患者における悪性腫瘍の発生状況を調査し、ベースライン時の危険因子および心血管リスクスコアとの関連を両薬剤で比較した。その結果、悪性腫瘍の発生リスクはトファシチニブ群で高く、動脈硬化性心血管疾患の既往歴(HxASCVD)を有する患者や心血管リスクが上昇している患者で悪性腫瘍の発生率が高かったと、Ann Rheum Dis2022年12月5日オンライン版)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  トファシチニブでがんリスクが高まる要因