メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  新規BTK阻害薬が血液がんで著効

Oncology Tribune

新規BTK阻害薬が血液がんで著効

zanubrutinib

2022年12月22日 05:00

666名の医師が参考になったと回答 

 再発または難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)/小リンパ球性リンパ腫(SLL)に対する新規ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬zanubrutinibの有効性と安全性を、第一世代BTK阻害薬イブルチニブと比べた第Ⅲ相ランダム化比較試験ALPINE。最終解析において、イブルチニブと比べてzanubrutinibは無増悪生存(PFS)を有意に改善し、心毒性などの有害な影響は少ないことが示された。詳細は米・Dana-Farber Cancer InstituteのJennifer R. Brown氏らがN Engl J Med2022年12月13日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  新規BTK阻害薬が血液がんで著効