メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  腎・泌尿器 »  排尿自立支援加算の算定困難例、背景と課題

排尿自立支援加算の算定困難例、背景と課題

2022年12月22日 17:47

640名の医師が参考になったと回答 

 排尿管理に関する管理・指導を目的に2016年度の診療報酬改定で「排尿自立指導料」が新設されたことを機に、各施設で排尿ケアの専門的知識を有する多職種で構成される排尿ケアチームの設置が進んでいる。2020年度の診療報酬改定では「外来排尿自立指導料」に変更となり、「排尿自立支援加算」も新設された。ケアの評価対象が入院患者から外来患者にも広がったことで、入院中から退院後まで一貫したケアの実現が可能になった。皮膚・排泄ケア認定看護師で旭川医科大学病院看護師長の日野岡蘭子氏は、自施設における排尿自立支援加算の状況を報告。退院後に外来算定が困難になった患者の背景や要因について検討し、その結果を第29回日本排尿機能学会(9月1~3日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  腎・泌尿器 »  排尿自立支援加算の算定困難例、背景と課題