メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  インセンティブで減量達成率が上昇

インセンティブで減量達成率が上昇

米・低所得地域の肥満者を対象としたRCT

2022年12月22日 17:55

705名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 減量に向けた運動などの行動目標の達成状況に応じて金銭的報酬を支払う目標指向型(goal-directed design)、または達成できた体重減少率に応じて金銭的報酬を支払うアウトカムベース型(outcome-based design)のインセンティブが、肥満者の減量に有効である可能性がランダム化比較試験(RCT)Financial Incentives for Weight Reduction(FIReWoRk)で示された。低所得地域の肥満者を対象とした同試験では、減量プログラムの利用権や教育、資料などを提供した群と比べて、それらに加えて目標指向型またはアウトカムベース型の金銭的インセンティブを用いた群では6カ月後に体重が5%以上減少した者の割合が多かった。米・University of FloridaのJoseph A. Ladapo氏らがJAMA Intern Med2022年12月5日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  インセンティブで減量達成率が上昇