メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  TIL療法で悪性黒色腫のPFS延長

TIL療法で悪性黒色腫のPFS延長

2022年12月23日 17:45

681名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 ©Adobe Stock※画像はイメージです

 進行悪性黒色腫の治療成績は、免疫チェックポイント阻害薬や分子標的薬の登場により飛躍的に向上したが、治療抵抗性や再発率の高さなどが課題となっている。オランダ・Netherlands Cancer InstituteのMaartje W. Rohaan氏らは、第Ⅲ相多施設共同非盲検ランダム化比較試験において、進行悪性黒色腫に対する腫瘍浸潤リンパ球(TIL)療法が抗CTLA-4抗体イピリムマブと比べ、無増悪生存(PFS)を有意に延長したことを発表した(N Engl J Med 2022; 387: 2113-2125)。イピリムマブ群と比べてTIL療法群では、病勢進行または死亡のリスクが半減したという。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  TIL療法で悪性黒色腫のPFS延長