メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  脳・神経 »  片頭痛治療、CGRP関連薬の最新状況

片頭痛治療、CGRP関連薬の最新状況

2023年01月05日 05:00

488名の医師が参考になったと回答 

 2021年にカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)関連抗体が相次いて承認され、2022年1月には世界初の選択的5-HT1F受容体作動薬(ditan系薬)ラスミジタンが急性期片頭痛治療薬として承認されるなど、片頭痛の治療選択肢が大きく広がった。また現在、新世代のCGRP受容体拮抗薬(gepant系薬)の開発が進められており、将来の予防薬および急性期治療薬として期待が寄せられている。埼玉医科大学脳神経内科准教授の伊藤康男氏は、新規および現在開発が進められているCGRP関連薬について、第50回日本頭痛学会(2022年11月25〜26日)で概説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  脳・神経 »  片頭痛治療、CGRP関連薬の最新状況