メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  脳・神経 »  喫煙が非がん性慢性疼痛・がん性疼痛と関連

喫煙が非がん性慢性疼痛・がん性疼痛と関連

2023年01月06日 16:45

679名の医師が参考になったと回答 

 喫煙ががんや心血管疾患をはじめとしたさまざまな疾患に関連していることは広く知られているが、喫煙と疼痛の関連については十分認知されていない。中部国際医療センター(岐阜県)麻酔・疼痛・侵襲制御センター緩和ケアセンター長の杉山陽子氏は、第44回日本疼痛学会(2022年12月2~3日)における日本ペインクリニック学会との共催企画シンポジウムで、喫煙と非がん性慢性疼痛・がん性疼痛との関連について解説。非喫煙者と比べ、喫煙者は痛みを強く感じやすく、オピオイドの使用が過量傾向にあることを指摘した。また、禁煙治療と痛みの緩和の可能性についても展望した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  脳・神経 »  喫煙が非がん性慢性疼痛・がん性疼痛と関連