メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  呼吸器 »  重症喘息へのベンラリズマブ、維持期も有効

重症喘息へのベンラリズマブ、維持期も有効

ステロイドの減量を維持しつつ、副腎機能改善

2023年01月11日 16:13

475名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 ©Adobe Stock※画像はイメージです

 重症好酸球性喘息患者では、経口ステロイド薬(OCS)の長期連用により副腎機能不全を呈することがある。こうした中、ステロイド依存性重症喘息患者を対象に、抗インターロイキン(IL)-5受容体の抗体ベンラリズマブの有効性を検討した第Ⅲ相b非盲検多施設共同シングルアーム試験PONENTEのOCS減量期では、ベンラリズマブの皮下投与により良好な喘息コントロールを維持したまま、OCSを減量または中止できることが示された(Lancet Respir Med 2022; 10: 47-58)。英・Royal Brompton and Harefield HospitalsのAndrew Menzies-Gow氏らは今回、同試験の維持期の結果を発表。ほとんどの患者においてOCSの減量を維持しながら、喘息コントロールの改善や副腎機能の回復が得られたとEur Respir J(2022; 60: 2103226)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  呼吸器 »  重症喘息へのベンラリズマブ、維持期も有効