メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  BNPは心サルコイドーシスの予後予測因子

BNPは心サルコイドーシスの予後予測因子

世界最大規模の多施設レジストリを解析

2023年01月12日 14:57

444名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 B型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)は、心不全を含む多様な心疾患において心イベントとの強い関連が知られているものの、心臓サルコイドーシスとの関連性は明らかでない。順天堂大学大学院循環器内科学の宮國翔太氏らは、世界最大規模の心臓サルコイドーシス多施設後ろ向きレジストリILLUMINATE-CSを解析。診断時に心不全を有さない心臓サルコイドーシス患者では、BNP値が将来の死亡、心不全入院、心室性不整脈などの心イベント発生の有用な独立した予測因子であることを明らかにしたとJ Am Heart Assoc2022; 11: e025803)に発表した(関連記事「日本発・世界最大の心サルコイドーシス研究 多施設後ろ向きレジストリILLUMINATE-CS」「難病・心サルコイドーシスの臨床像を解明」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  BNPは心サルコイドーシスの予後予測因子