メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  精神疾患 »  PTSDに認知処理療法が有用

PTSDに認知処理療法が有用

日本での実施可能性を確認

2023年01月16日 05:00

375名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 心的外傷後ストレス障害(PTSD)は災害、暴行、事故などを体験、目撃した後に発症し、フラッシュバックや睡眠障害、不安などが持続し、日常生活に支障を来す。海外ではPTSDに対する認知処理療法(CPT)の有効性を示すエビデンスが蓄積されているが、日本では十分に検討されていない。国立精神・神経医療研究センター(NCNP)認知行動療法センター研究開発部長の伊藤正哉氏らは、PTSD患者を対象に日本におけるCPTの実施可能性と有効性などを検討する前後比較試験を実施。CPTは日本でも実施可能で、海外の先行研究と同等の効果が期待できるとJ Trauma Stress2022年12月14日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  精神疾患 »  PTSDに認知処理療法が有用