メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  学会レポート »  アブレーション、患者高齢化も成績良好

アブレーション、患者高齢化も成績良好

2020年度J-AB年次報告より

2023年01月17日 15:30

338名の医師が参考になったと回答 

 カテーテルアブレーション全国症例登録研究(J-AB)は、日本における頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション治療の実態把握を目的として日本不整脈心電学会が主導するレジストリプロジェクト〔同学会カテーテルアブレーション委員会委員長=山根禎一氏(東京慈恵会医科大学循環器内科教授)〕である。同学会カテーテルアブレーション関連秋季大会(2022年11月24~26日)で国立循環器病研究センター副院長/心臓血管内科部門長/不整脈センター長の草野研吾氏は、昨年(2022年)8月に発表された「2020年度 J-AB年次報告」を基に、患者の高齢化が進みつつも、アブレーション手技の向上などにより合併症発生率および死亡率が低下している現状を報告。昨年1月に登録が開始されたJ-AB 2022への移行状況も踏まえ、レジストリ参加への協力を呼びかけた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  学会レポート »  アブレーション、患者高齢化も成績良好