メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  女性疾患・周産期 »  HPVワクチン、9価定期接種化前の論点整理を

HPVワクチン、9価定期接種化前の論点整理を

2023年01月26日 16:33

483名の医師が参考になったと回答 

 昨年(2022年)4月から、定期接種の機会を逃した女性に対する2価および4価ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンのキャッチアップ接種が始まった。今年4月からは9価HPVワクチン(以下、9価)の定期接種も開始される予定で、接種率向上に向けた動きが加速している。聖マリアンナ医科大学小児科学教室准教授の勝田友博氏は第26回日本ワクチン学会(2022年11月26~27日)で、現状ではHPVワクチンの接種率が伸び悩んでいると明かし、「国内における安全な接種を推進すべく、医療従事者のトレーニングや、9価の定期接種化により想定される論点を整理する必要がある」と訴えた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  女性疾患・周産期 »  HPVワクチン、9価定期接種化前の論点整理を