メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  高血圧レジストリ研究利活用の要点は?

高血圧レジストリ研究利活用の要点は?

J-DOME研究会議委員の浅山敬氏が解説

2023年01月30日 16:54

422名の医師が参考になったと回答 

 日本医師会が主体的に実施しているかかりつけ医診療データベース研究事業(J-DOME)の目的は、高血圧、糖尿病などの診療をさらに改善すべく情報を分析、提供することである。J-DOME研究会議委員で帝京大学衛生学公衆衛生学講座教授の浅山敬氏は同研究の登録時および利活用時に留意すべきポイントについて第44回日本高血圧学会(2022年10月14~16日)で概説。高血圧専門医、非専門医が対応した症例の特性などを踏まえてデータを解析する必要がある点などを指摘した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  高血圧レジストリ研究利活用の要点は?