メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  進行胃がん、新規分子標的薬が有効

Oncology Tribune

進行胃がん、新規分子標的薬が有効

zolbetuximab+mFOLFOX6を検証する第Ⅲ相試験SPOTLIGHT

2023年02月07日 17:19

397名の医師が参考になったと回答 

 進行胃がん/食道胃接合部がんの標準治療はmFOLFOX6〔オキサリプラチン+レボホリナート+フルオロウラシル(5-FU)〕で、標的療法(抗HER2抗体トラスツズマブ、抗PD-1抗体ニボルマブなど)との併用により治療成績は向上しているが、いまだ満たされないニーズが残存する。国立がん研究センター東病院消化管内科科長/先端医療科/先端医療開発センター新薬臨床開発分野の設楽紘平氏は、進行胃がん/食道胃接合部がんの一次治療におけるmFOLFOX6への抗Claudin18.2抗体zolbetuximabの上乗せ効果をプラセボと比較する第Ⅲ相ランダム化比較試験SPOTLIGHTの結果を米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウム(ASCO-GI 2023、1月19~21日)で報告。無増悪生存(PFS)および全生存(OS)の有意な延長が示された(関連記事「学会印象記 米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウム(ASCO-GI 2023)」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  進行胃がん、新規分子標的薬が有効