メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  消化器 »  逆流性食道炎、ボノプラザンの漸減は可能?

逆流性食道炎、ボノプラザンの漸減は可能?

2023年02月20日 16:30

347名の医師が参考になったと回答 

 現在、軽症逆流性食道炎の初期治療は、カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)ボノプラザンまたはプロトンポンプ阻害薬(PPI)が第一選択薬となっている。しかし、ボノプラザンの投与法を検討した報告は少ない。虎の門病院(東京都)消化器内科の落合頼業氏は、ボノプラザン漸減治療(STEP down治療)の有用性を検討する後ろ向き研究を実施。その結果をGI Week 2023(2月3~5日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  消化器 »  逆流性食道炎、ボノプラザンの漸減は可能?