メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  日本初、住民ベースの疥癬研究を報告

日本初、住民ベースの疥癬研究を報告

有病率は10万人当たり53.4例

2023年03月02日 05:05

307名の医師が参考になったと回答 

 疥癬はヒゼンダニによる感染性皮膚疾患で、日本では年間に8万〜15万人が罹患すると想定されている。しかし正確な有病率は不明で、日本皮膚科学会の『疥癬診療ガイドライン(第3版)』に疫学の記載はない。九州大学大学院医療経営・管理学講座の山口征啓氏は、疥癬を対象とした日本初の住民ベースの研究を実施。有病率は10万人当たり53.4例だったことなどを第33回日本疫学会(2月1~3日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  日本初、住民ベースの疥癬研究を報告