メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  時事メディカル »  HIV報告、過去20年で最少 検査数増もコロナ前の半数―厚労省〔時事メディカル〕

HIV報告、過去20年で最少 検査数増もコロナ前の半数―厚労省〔時事メディカル〕

2023年03月23日 11:02

206名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省は22日、2022年のHIV感染者とエイズ患者の新規報告数(速報値)は計870人で、過去20年間で最少だったと発表した。保健所などでの抗体検査数と相談数は3年ぶりに増加したが、新型コロナウイルス感染拡大前の19年の5割ほどにとどまった。

 厚労省によると、22年に判明したHIV感染者は625人、エイズ患者は245人。保健所などでの検査数は前年比1万4932件(25.6%)増の7万3104件、相談数が同1万2458件(22.8%)増の6万7009件だった。

 新型コロナの感染拡大に伴う検査控えや保健所の検査中止などが影響し、20年と21年の検査と相談数はいずれも前年から大幅に減少した。22年は増加に転じたが、無症状者を把握できていないとの見方もある。

(2023年3月22日 時事メディカル)

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  時事メディカル »  HIV報告、過去20年で最少 検査数増もコロナ前の半数―厚労省〔時事メディカル〕