メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  感染症 »  HPV9価ワクチン、公費で接種可能に

HPV9価ワクチン、公費で接種可能に

関連学会から歓迎の声

2023年03月31日 05:05

385名の医師が参考になったと回答 

 ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防する9価HPVワクチンが4月1日から公費で定期接種化される。小学6年生~高校1年生(11~16歳)の女児が対象だ。2価・4価HPVワクチンより多くのHPV型をカバーしているため、子宮頸がんの発症率低下への期待も高い。年齢制限はあるが2回接種が可能になったことも、接種率向上や副反応軽減につながる可能性が高く、朗報だ。関係学会からも歓迎の声が相次いでいる。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  感染症 »  HPV9価ワクチン、公費で接種可能に