メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  重症三尖弁逆流症にも経カテーテル治療

重症三尖弁逆流症にも経カテーテル治療

TriClipがRCTで逆流・QOL改善示す

2023年04月04日 11:25

355名の医師が参考になったと回答 

 左心系疾患の陰で、長く"忘れ去られた弁"と呼ばれていた三尖弁に光が当たり始めた。米・Valve Science Center, Minneapolis Heart Institute FoundationのPaul Sorajja氏らは、症候性・重症の三尖弁逆流症(TR)患者を対象とした初のランダム化比較試験(RCT)TRILUMINATE Pivotal※1を実施、薬物治療単独よりも三尖弁の経カテーテル修復術(transcatheter edge-to-edge repair;TEER)システムTriClipが、主にQOL改善に基づき主要評価項目の複合転帰改善に優れることが明らかになったと、米国心臓病学会/世界心臓病学会議(ACC.23/WCC、3月4~6日)で報告した。詳細は、N Engl J Med2023年3月4日オンライン版、3月6日アップデート)に同時掲載された。(関連記事「重症三尖弁逆流症治療、新たな幕開けか」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  重症三尖弁逆流症にも経カテーテル治療