メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  若年2型糖尿病にエンパグリフロジンが有効

若年2型糖尿病にエンパグリフロジンが有効

二重盲検RCT・DINAMO

2023年04月17日 05:05

343名の医師が参考になったと回答 

 近年、世界的に10歳代で2型糖尿病患者が増加しているが、治療法は依然限定的である。そこで米・Harvard Medical ScholのLori M. Laffel氏は、若年発症の2型糖尿病患者を対象に、SGLT2阻害薬エンパグリフロジンの有効性と安全性を検討する二重盲検ランダム化比較試験(RCT)DINAMOを実施。プラセボ群と比べ、エンパグリフロジン群ではHbA1cや空腹時血糖(FPG)が有意に低下し、安全性にも大きな問題がなかったと国際糖尿病学会(IDF 2022、2022年12月5~8日)で報告した。試験の詳細はLancet Diabetes Endocrinol2023; 11: 169-181)に掲載されている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  若年2型糖尿病にエンパグリフロジンが有効