メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  消化器 »  ウステキヌマブ、潰瘍性大腸炎の長期成績は

第109回日本消化器病学会

ウステキヌマブ、潰瘍性大腸炎の長期成績は

2023年04月19日 16:12

313名の医師が参考になったと回答 

 インターロイキン(IL)-12/23阻害薬ウステキヌマブは、2020年3月に難治性の潰瘍性大腸炎(UC)への適応が追加されたものの、実臨床における長期成績の報告は少ない。大阪医科薬科大学内科学Ⅱ教室の小柴良司氏は、ウステキヌマブの長期有効性とそれに関連する予測因子について検討し、結果を第109回日本消化器病学会(4月6日~8日)で発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  消化器 »  ウステキヌマブ、潰瘍性大腸炎の長期成績は