メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  女性疾患・周産期 »  小児B群連鎖球菌感染症、遅発型が有意に増加

小児B群連鎖球菌感染症、遅発型が有意に増加

2016~20年全国調査

2023年04月20日 16:18

337名の医師が参考になったと回答 

 日本における小児期B群連鎖球菌(GBS)感染症の最新の疫学を明らかにするため、神戸市立西神戸医療センター小児科部長の松原康策氏らは全国調査を実施。その結果、遅発型GBS感染症の有意な増加傾向が認められたと第126回日本小児科学会(4月14~16日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  女性疾患・周産期 »  小児B群連鎖球菌感染症、遅発型が有意に増加