メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  精神疾患 »  持続性抗精神病注射薬、併用薬の状況は?

持続性抗精神病注射薬、併用薬の状況は?

2023年04月25日 16:20

295名の医師が参考になったと回答 

 統合失調症の再発予防で頻用される持続性抗精神病注射薬(LAI)は、2、4または12週に1回の投与で効果が持続する点が特徴で、血中濃度の安定や飲み忘れがないといったメリットがある。一方、LAI投与患者では多剤併用となっているケースも報告されているが、これまで併用薬の使用状況を非投与患者との間で詳細に比較した検討はこれまでほとんど報告されていない。九州大学大学院神経画像解析学講座教授の鬼塚俊明氏は、LAI投与患者における併用薬の実態について検討した結果を、第17回日本統合失調症学会(3月25~26日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  精神疾患 »  持続性抗精神病注射薬、併用薬の状況は?