メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »   »  糖尿病黄斑浮腫の抗VEGF療法、注目2剤

第127回日本眼科学会

糖尿病黄斑浮腫の抗VEGF療法、注目2剤

ブロルシズマブとファリシマブを解説

2023年05月09日 14:00

177名の医師が参考になったと回答 

 抗血管内皮増殖因子(VEGF)療法が糖尿病黄斑浮腫(DME)治療の主軸になって久しいが、標的分子の探索や抗体の構造は進化を続けている。また、薬剤の選択肢が増えるとともに予後予測因子の解析が進み、個別化医療も実現されつつある。京都大学大学院眼科学教室講師の村上智昭氏は近年承認された抗VEGF抗体ブロルシズマブおよび抗VEGF/アンジオポエチン(Ang)-2二重特異性抗体ファリシマブに焦点を当て、第127回日本眼科学会(4月6~9日)でDMEに対する今後の抗VEGF療法を展望した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »   »  糖尿病黄斑浮腫の抗VEGF療法、注目2剤