メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  臨床医学 »  読み手に「伝わる」日本語論文作成のコツ

読み手に「伝わる」日本語論文作成のコツ

和文誌編集委員会アドバイザーの細野茂春氏が解説

2023年05月16日 05:00

335名の医師が参考になったと回答 

 論文執筆に取り組む医師は多いが、その内容が正確に査読者に伝わらなければ査読に時間を要する。場合によっては学術誌に掲載すらされない。掲載された論文も読者に伝わらなければ、多くの研究者から引用される有益なものとはなりえない。日本小児科学会和文誌編集委員会アドバイザーで自治医科大学さいたま医療センター小児科・周産期科教授の細野茂春氏は、自身の豊富な査読経験と編集作業に携わっている経験から、「読みやすい」「分かりやすい」日本語論文の書き方を第126回同学会(4月14~16日)で指南した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  臨床医学 »  読み手に「伝わる」日本語論文作成のコツ