メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  エンパグリフロジン、安全性の懸念を払拭

第66回日本糖尿病学会

エンパグリフロジン、安全性の懸念を払拭

EMPA-ELDERLY試験結果

2023年05月18日 16:00

369名の医師が参考になったと回答 

 SGLT2阻害薬は、慢性腎臓病、心不全、心血管疾患などへの便益に関するエビデンスが示されたことを踏まえ、2型糖尿病患者への使用頻度が増しているが、高齢患者では安全性が十分に確立されていない。岐阜大学大学院糖尿病・内分泌代謝内科学/膠原病・免疫内科学教授の矢部大介氏は、高齢日本人2型糖尿病患者を対象にSGLT2阻害薬エンパグリフロジンの長期投与による有効性および安全性を評価する国内第IV相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験EMPA-ELDERLYの結果を、第66回日本糖尿病学会(5月11~13日)で報告。プラセボ群と比べ、エンパグリフロジン群は血糖コントロールが改善し、体重が減少した一方で、筋肉量の減少や筋力低下、安全性に対する新たな懸念は認められなかった。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  エンパグリフロジン、安全性の懸念を払拭