メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  小児 »  小児炎症性腸疾患の新たな診断指針作成

小児炎症性腸疾患の新たな診断指針作成

内視鏡、病理、腹部画像などを総合的に検査・診断

2023年05月23日 15:47

287名の医師が参考になったと回答 

 近年、炎症性腸疾患(IBD)の患者数は増加しており、それに伴い小児期発症IBD(小児IBD)の患者数も増加している。順天堂大学小児科学先任准教授の工藤孝広氏らは、新たに作成した小児IBDの診断指針のポイントについて第126回日本小児科学会(4月14~16日)で解説。「小児IBDは内視鏡検査、病理検査、腹部画像検査(エコー、CT、MRI)、便検査、免疫学的検査などを駆使して総合的に診断する必要がある」と指摘した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]12月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

薬物事件を起こした日大アメフト部の処分は?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  小児 »  小児炎症性腸疾患の新たな診断指針作成