メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  呼吸器 »  Ⅳ期肺がんの大規模データベースを構築

第63回日本呼吸器学会

Ⅳ期肺がんの大規模データベースを構築

REAL-WIND研究

2023年05月24日 10:42

208名の医師が参考になったと回答 

 近年、日常臨床で得られたリアルワールドデータ(RWD)を集積して大規模データベースを構築し、臨床判断などに利活用する研究が注目されている。ただし、RWDに基づくリアルワールドエビデンス(RWE)を有用なものとするためには、集積データの質を担保する必要がある。和歌山県立医科大学病院呼吸器内科・腫瘍内科講師の藤本大智氏は第63回日本呼吸器学会(4月28〜30日)で、西日本がん研究機構(WJOG)が実施中のⅣ期肺がんに関する大規模RWD創出研究REAL-WINDの進捗状況を報告。「日本のRWD収集が可能であり、今後は人工知能(AI)による予後予測モデル開発を進めていきたい」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

普段、どんな時に運動を心がけていますか?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  呼吸器 »  Ⅳ期肺がんの大規模データベースを構築