メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  脳・神経 »  多発性硬化症の再発抑制に自家移植が有効

多発性硬化症の再発抑制に自家移植が有効

造血幹細胞移植と疾患修飾薬をtarget trial emulationで比較

2023年05月24日 18:20

305名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 オーストラリア・Royal Melbourne HospitalのTomas Kalincik氏らは、観察データを基にランダム化比較試験(RCT)を‟模倣"するtarget trial emulationの手法を用いて、再発寛解型多発性硬化症(relapsing remitting multiple sclerosis;RRMS)に対する自家造血幹細胞移植(autologous hematopoietic stem cell transplant;AHSCT)と疾患修飾薬(disease-modifying therapy;DMT)の有効性を検討。「リスクは大きいものの、AHSCTはRRMSの再発予防および障害回復効果が最も大きかった」とJAMA Neurol(2023年5月15日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  脳・神経 »  多発性硬化症の再発抑制に自家移植が有効