メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  リウマチ・膠原病 »  リウマチ性多発筋痛症、17%が初期診断変更

第67回日本リウマチ学会

リウマチ性多発筋痛症、17%が初期診断変更

150例対象の後ろ向き調査

2023年06月06日 05:10

280名の医師が参考になったと回答 

 岡山済生会総合病院リウマチ・膠原病センター診療部長の上野明子氏らは、リウマチ性多発筋痛症(PMR)と診断された患者150例の転帰を5年間後ろ向きに調査し、結果を第67回日本リウマチ学会(4月24~26日)で報告。「2012年の欧州リウマチ学会/米国リウマチ学会(EULAR/ACR) PMR分類基準に合致したPMR患者の16.7%が、経過中に固形がんや関節リウマチ(RA)など他疾患に診断が変更された」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  リウマチ・膠原病 »  リウマチ性多発筋痛症、17%が初期診断変更