メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  母親の円形脱毛症で児の疾患リスク上昇

母親の円形脱毛症で児の疾患リスク上昇

韓国・70万例超の後ろ向き出生コホート研究

2023年06月07日 15:44

303名の医師が参考になったと回答 

 円形脱毛症(AA)は、さまざまな自己免疫疾患や精神疾患と関連することが知られているが、AAを有する母親から生まれた児への長期的な影響は明らかでない。韓国・Yonsei University Wonju College of MedicineのJu Yeong Lee氏らは、同国の医療保険および出生登録データベースを用いた後ろ向き出生コホート研究を行い、母親のAAが児の疾患リスクに及ぼす影響を検討。その結果、AAを有する母親から出生した児はそうでない母親から出生した児と比べ、自己免疫・炎症性疾患、アレルギー性疾患、甲状腺疾患、精神疾患を発症するリスクが有意に高かったと JAMA Dermatol2023年5月24日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  母親の円形脱毛症で児の疾患リスク上昇