メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  久々登場の肥満症治療薬、承認までの光と影

第66回日本糖尿病学会

久々登場の肥満症治療薬、承認までの光と影

2023年06月08日 17:17

375名の医師が参考になったと回答 

 今年(2023年)3月にGLP-1受容体作動薬セマグルチド(商品名ウゴービ)が肥満症治療薬として承認されたが、日本では長らく肥満症に対する薬物療法の選択肢は限られ、日常診療で十分活用されているとは言い難い状況だった。第66回日本糖尿病学会(5月11~13日)で千葉大学病院病院長の横手幸太郎氏は、これまで世界で行われてきた肥満症治療薬の光と影を振り返りながら、今後のあるべき姿を訴えた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  久々登場の肥満症治療薬、承認までの光と影