メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  呼吸器 »  難治性咳嗽の新薬と開発状況を解説

第63回日本呼吸器学会

難治性咳嗽の新薬と開発状況を解説

ゲーファピキサントと新規P2X3拮抗薬

2023年06月08日 17:05

279名の医師が参考になったと回答 

 難治性慢性咳嗽のファーストインクラスの薬剤として、選択的P2X3受容体拮抗薬ゲーファピキサントが昨年(2022年)4月に登場した。同薬を投与された患者ではプラセボに比べ咳の頻度を有意に減らす効果が示されている。ゲーファピキサントに続く新薬開発も活発化しており、将来的には治療選択肢の拡大も予想される。金沢大学病院呼吸器内科特任准教授の原丈介氏は第63回日本呼吸器学会(4月28~30日)で、ゲーファピキサントの臨床成績、新規P2X3受容体拮抗薬の開発状況や臨床試験結果などを踏まえ、それぞれの特徴や違い、期待について述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  呼吸器 »  難治性咳嗽の新薬と開発状況を解説