メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  多汗症の疫学情報、他疾患との関連明らかに

第122回日本皮膚科学会

多汗症の疫学情報、他疾患との関連明らかに

群馬大学皮膚科外来患者のアンケート結果

2023年06月09日 13:57

259名の医師が参考になったと回答 

 原発性局所多汗症(以下、多汗症)は幅広い年齢で発症し、精神的、身体的、社会的に大きな支障を与えてQOLを低下させるため、看過できない疾患であるが、詳細な疫学情報は明らかでない。そこで群馬大学病院皮膚科の小坂啓寿氏は、同科の外来を受診した患者1,000例を対象に多汗症の有病率や男女比、発症年齢、他の皮膚疾患との関連性などを探るアンケートを実施。その結果を第122回日本皮膚科学会(6月1~4日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  多汗症の疫学情報、他疾患との関連明らかに