メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  心サルコイドーシス男性で致死不整脈リスク

心サルコイドーシス男性で致死不整脈リスク

多施設後ろ向きレジストリ研究の二次解析

2023年06月13日 05:00

201名の医師が参考になったと回答 

 順天堂大学循環器内科講座の礒隆史氏らは、世界最大規模の多施設後ろ向きレジストリー研究ILLUMINATE-CSの二次解析において、心臓サルコイドーシスの臨床的特徴や予後の性差を検討。男性は女性と比べて若年で診断されるケースが多く、致死性不整脈を起こすリスクが高いことなどをHeart2023年4月25日オンライン版)に報告した(関連記事「日本発・世界最大の心サルコイドーシス研究 多施設後ろ向きレジストリILLUMINATE-CS」「難病・心サルコイドーシスの臨床像を解明」「BNPは心サルコイドーシスの予後予測因子」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  心サルコイドーシス男性で致死不整脈リスク