メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  呼吸器 »  COPDの呼吸リハ、長期継続で効果持続

第63回日本呼吸器学会

COPDの呼吸リハ、長期継続で効果持続

2023年06月16日 11:03

212名の医師が参考になったと回答 

 昨年(2022年)、日本呼吸器学会の『COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン』が改訂された。運動療法を含む呼吸リハビリテーション(以下、呼吸リハ)が標準的治療として位置付けられ、安定期COPDに対する実施が強く推奨された(エビデンスの確実性A=強い、関連記事「COPDガイドライン、4年ぶりに改訂」)。平松内科・呼吸器内科小牧ぜんそく睡眠リハビリクリニック(愛知県)院長の平松哲夫氏は第63回日本呼吸器学会(4月28~30日)で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行期に外来での呼吸リハを短期中断したことをきっかけに検証した、COPD患者における呼吸リハ継続の有効性について報告。「呼吸リハを外来で継続しつつ、経時的な身体機能低下への随時アプローチが有効」と訴えた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  呼吸器 »  COPDの呼吸リハ、長期継続で効果持続