メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  呼吸器 »  特発性肺線維症ガイドラインを6年ぶり改訂

第63回日本呼吸器学会

特発性肺線維症ガイドラインを6年ぶり改訂

N-アセチルシステイン吸入などの推奨に変更

2023年06月20日 15:52

234名の医師が参考になったと回答 

 日本呼吸器学会は4月30日、『特発性肺線維症(IPF)の治療ガイドライン 2023(改訂第2版)』(以下、2023年版)を刊行した。改訂は2017年の初版刊行以来6年ぶりとなる。ガイドライン作成委員会の統括委員を務めた自治医科大学内科学講座呼吸器内科学部門教授の坂東政司氏が、第63回同学会(4月28~30日)で主な改訂ポイントを解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  呼吸器 »  特発性肺線維症ガイドラインを6年ぶり改訂